イースター礼拝のおしらせ

3月31日(日)は、イエス・キリストの復活を祝うイースター礼拝です。

 

イースター(復活祭)の日付は毎年変わります。「春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められているからです。その年によっては最大一ヶ月ほど、つまり月の周期プラス数日のずれが生じます。具体的には3月22日から4月25日の間となりますが、今年は3月31日です。

 

十字架の死から三日目に墓を破って甦られ、今も生きておられる主イエス・キリストを信じる者は永遠の命をいただくと聖書は約束しています。復活の主を信じる者には死が一切の終焉ではなく、死を越えた確かな望みを抱いて生きる道が開かれるのです。

 

この恵みに立ち、私たちの教会ではイースター礼拝にて先にこの世の生涯を終えて天に帰られた方々をおぼえ、再び相見える日を待ち望む召天者記念祈祷の時を持ちます。人間にとって難攻不落の大敵「死」をも越える希望をお与えになる主イエスとの出会いは、人生の色合いを大きく変えます。

 

あなたも、復活の主イエスと出会うことができるのです。

 

 

 

 

 

 

What's new

Ray Sidney ゴスペル講習会
>> 続きを読む

11月ゴスペルクラス
>> 続きを読む